2019年7月11日木曜日

いや、それは困ります



こんにちは。しばらくぶりです。

士林翻訳サービスの林です。

暑くなってきましたがいかがでしょうか。

早速、お話を始めます…


メール等の過去の記録によれば、私主任翻訳者による
「士林翻訳サービス」へのフルタイム・コミットは2014年
に始まっています。

その頃から海外の会社との取引がありました。海外となると
万一支払ってもらえない場合、相当難しい状況に陥るだろう
というのは少し考えれば明らかと思います。

しかし、運が良かったのか、最近までそのような
事態が顕在化することはありませんでした。

数年前にとある会社が支払いを渋るので、「日本翻訳者協会
(Japan Association of Translators)」のメーリングリストに
御社名を出して書き込みますよ」とメールで伝えたら
払ってもらえました。あとは大きなトラブルは特に
ありませんでした。

しかし最近...





まず昨年末にうっかり取引を始めたワグナーコ○サルティング
というアラスカ州にあるらしい会社。

結局150ドルほど未払いになっています。しかも提示単価自体
安い方だった。「払う」「ちゃんと払うから」と何度も
メールで言うんですが、いつまで経っても送付した
インボイスの入金はありません。

そのような経験から最近、重要な法則が浮上してきました。


「払わない所は、一度たりとも払うことはない」


「一回でも請求を処理してくれたところは
まず後々大きな支払いのトラブルにならない」という
基本原則が存在するようです。ただ、払ってくれる所でも
催促する必要があった所、支払いが遅れる、
さらには遅れてもあっけらかんとしているような
所はsuspectであると言えます。


話を戻します。

別にもう一件、今年の2月あたり
マレーシアのクアラルンプールにある
アジアローカラ○ズという会社からの依頼がありました。
伏せ字があまり意味をなしていないかもしれないですが、
こちらは過去最悪の8万円相当が回収できない。

ここは確信犯ではないかと思いますーと言うのは、
未払い以前は結構ちょくちょく向こうからの一斉メール送信
の対象になってましたが、ピタッとやんで
一切メールを送ってこなくなった(笑)。

ここはPO(パーチャスオーダー)の発行も結局してもらえず、
急ぎの依頼だったのですが、
強行軍の末満身創痍の体でメール提出した後、翌日「おかしい
ところがあるからその分払う金額減らす」とメールが来て、
「お宅が急ぐから寸暇を惜しんでやったんですけど…しかも
法務なのに単価安いですよね」と反論したら返信なし。

一ヶ月ぐらい様子を見た後、直接クアラルンプールのオフィス
に国際電話すると、レセプショニストの女性が英語で
出た。担当のプロジェクトマネージャーに繋いでもらったが…

このモハメッド・アリみたいな名前のPM、柔らかい話し方をする
が、こちらの名前やプロジェクトの件を言ってもにこやかに
「???お宅は?」。メールでも同じ内容複数回送ってるんですけど。

その後しばらく経って、別の案件で同社の別のプロジェクト
マネージャーからメールをもらった。

先述の件と案件IDを教えて「これ対応してもらってから
こちらの件も対応できます」と友好的なメールを返信して、
「分かりました」と返ってきたので「やれやれ、これで解決するか」
と待っていたのですが二ヶ月以上経っても言を左右にして
「オンラインシステムの問題があああああ」とふざけた事を
言い出すので、そこでbanさせていただくことにした。

ちなみに、同時期に別の引き合いがあって紹介元を聞いたら、
このアジアローカライズの関係の人間だったので、
こちらも同様に対処した。

他には、うちの家系はルーツを辿ると中国大陸南方の
福建省なのであまり言いたくないですがS○epesM○Sという
大陸系の会社とも、支払いサイトのリスケ要請や未払いなど支払い
周りで怪しくなって取引を終了しています。もしかすると
あちらはサプライヤー/外注先に厳しいのが当たり前の
カルチャーなのかも知れない。


現状、対策としてはー

  • 取引開始にあたってLineやSkype等の
    ビデオチャット経由で顔合わせを実施。
  • まだ一度も請求を処理してもらってない所は、売掛金が多く
    なってきたら説明をして処理を済ませてもらうか、
    「前払い」「エスクロー利用」の対応をお願いする。
  • 既存の取引先の中でトラブルがほぼないような優良な所を
    優先的に重点対応
    、サービスを拡充して満足度の向上に努める。
  • 取引開始にあたって、検索やProZの信用スコアの確認
    によるバックグラウンドチェックを行う。

を導入し始めています。

まあ究極的には、最近躍進している仮想通貨取引所「Binance」が
この前のハッキング攻撃で損失を被った際、引当金の取崩しで
対応したように、こういう事態に備えた緊急資金のプールが
妥当かなと思います。

では、この辺で。
 

士林翻訳サービス 林

p.s. ここまで読んでくれたあなたに。
期間限定でサイトの翻訳依頼お問い合わせフォーム内で
プロモコードに「NETAKURE2019」(ネタくれ2019)と入力
された方にもれなく「謎の怪しい海外サイトへのリンク」を
コンシェルジュ、提供(びっくりするかも)そして、
日本メディアでは出てこないネタを送りつける
謎のメーリングリストにもご招待します(解除自由)。