2018年11月26日月曜日

相場が下げてもブロックチェーン。イーサ系「Colony」について



こんにちは、

士林翻訳サービスの林です。



今、中国四川省は成都にいます(パンダの生息地
で有名な所です)。もちろんairbnbの部屋に滞在しています。

11月の頭からここにおり、ノマド翻訳家の面目躍如です。


飯が16元(240円ぐらい)で食えます。






































さて。ヤフーニュース等でも取り上げられたように
2018年11月現在仮想通貨の相場が下げています。

一時期20,000ドルをつけたビットコイン(BTC)
が4,000ドル程度となっています。個人的には
1BTC=1,100ドルが天井だった2016年頃を
覚えているので、パニックなどは特に感じることもなく
持っている各種仮想通貨を持ち続けています。
「休むも相場」と言いますし。


で、今日は「いぶし銀系」イーサ系プロジェクト、
Colonyについて書きたいと思います。






この「オープンな組織のためのプラットフォーム」
は当初「仕事の未来」と喧伝された、
Consensus 2016のピッチコンテストに
優勝したプロジェクトです。ちなみにこのNYでの
イベントには私も参加していました。

実はこのプロジェクトは2014年から始まっており、
イーサ系では古参の部類です。

しばらく前にオープンソース化されました。
(ギークな皆さまはこちらのGithubをどうぞ)

「ICOはいつ?」との声が聞こえそうですが、
ColonyはSECの証券規制の関係で2017年に予定していた
ICOを延期、未だに実施されていませんが
CLNYなるトークンが公式Docsなどで確認でき、
Colony Networkが稼働を始める頃には
購入可能になると思われます。

現在、testnetにてバグバウンティのコンテスト
が行われているため(見事脆弱性を見つけて賞金を得た
参加者も現れています)、CLNYも近く買えるように
なるでしょう。

仕事を行う組織の形態といえば、フリーランスやLLC、
株式会社、NPO法人などがすでに存在しますが、
colonyと呼ばれる「オープンな組織 (Open Organization)」
はどこが違うのでしょうか?

次のような特徴があります:

●誰かに指示されたのではなく自分が選んだ仕事
 を行って報酬を得る仕組み
●自分がどこに住んでいるかはまず問題に
 ならない(ノマドワークスタイルの可能性)
●意思決定がオープンで透明である
●そのcolonyの所有権は各人の貢献に比例する
(タスクをこなしたことよって得る
 保持しているcolony内独自トークンに比例する)
●使用したスキルについて良い仕事をすると評価
(Reputation)を得る。高い評価を得る
 と関連の意思決定に、より大きな影響を及ぼせる


自分の直観ですが、Colony Networkによって実現する
働き方はフリーランス的な仕事の仕方をしている人々に
とって非常に魅力的なものとなるのではと思っています。

ちなみに、評価システムの維持のための、proof-of-stakeに
似たマイニングの仕組みがあります。

また、各colonyには複数の人間が関わり、利益配分なども
発生するため紛争(Dispute)解決の仕組みも存在します。

組織(colony)ごとにカスタマイズ可能で、
バーチャルワールドから銀行、NGO、広告代理店まで
カスタマイズによって対応可能とのこと。

働き方の未来を変えうるこのプラットフォーム、近日中の
メインネットでのローンチが非常に楽しみです。働かないで
済む人などそうそういないのですから。

では、

士林翻訳サービス 林