2018年11月26日月曜日

相場が下げてもブロックチェーン。イーサ系「Colony」について



こんにちは、

士林翻訳サービスの林です。



今、中国四川省は成都にいます(パンダの生息地
で有名な所です)。もちろんairbnbの部屋に滞在しています。

11月の頭からここにおり、ノマド翻訳家の面目躍如です。


飯が16元(240円ぐらい)で食えます。






































さて。ヤフーニュース等でも取り上げられたように
2018年11月現在仮想通貨の相場が下げています。

一時期20,000ドルをつけたビットコイン(BTC)
が4,000ドル程度となっています。個人的には
1BTC=1,100ドルが天井だった2016年頃を
覚えているので、パニックなどは特に感じることもなく
持っている各種仮想通貨を持ち続けています。
「休むも相場」と言いますし。


で、今日は「いぶし銀系」イーサ系プロジェクト、
Colonyについて書きたいと思います。






この「オープンな組織のためのプラットフォーム」
は当初「仕事の未来」と喧伝された、
Consensus 2016のピッチコンテストに
優勝したプロジェクトです。ちなみにこのNYでの
イベントには私も参加していました。

実はこのプロジェクトは2014年から始まっており、
イーサ系では古参の部類です。

しばらく前にオープンソース化されました。
(ギークな皆さまはこちらのGithubをどうぞ)

「ICOはいつ?」との声が聞こえそうですが、
ColonyはSECの証券規制の関係で2017年に予定していた
ICOを延期、未だに実施されていませんが
CLNYなるトークンが公式Docsなどで確認でき、
Colony Networkが稼働を始める頃には
購入可能になると思われます。

現在、testnetにてバグバウンティのコンテスト
が行われているため(見事脆弱性を見つけて賞金を得た
参加者も現れています)、CLNYも近く買えるように
なるでしょう。

仕事を行う組織の形態といえば、フリーランスやLLC、
株式会社、NPO法人などがすでに存在しますが、
colonyと呼ばれる「オープンな組織 (Open Organization)」
はどこが違うのでしょうか?

次のような特徴があります:

●誰かに指示されたのではなく自分が選んだ仕事
 を行って報酬を得る仕組み
●自分がどこに住んでいるかはまず問題に
 ならない(ノマドワークスタイルの可能性)
●意思決定がオープンで透明である
●そのcolonyの所有権は各人の貢献に比例する
(タスクをこなしたことよって得る
 保持しているcolony内独自トークンに比例する)
●使用したスキルについて良い仕事をすると評価
(Reputation)を得る。高い評価を得る
 と関連の意思決定に、より大きな影響を及ぼせる


自分の直観ですが、Colony Networkによって実現する
働き方はフリーランス的な仕事の仕方をしている人々に
とって非常に魅力的なものとなるのではと思っています。

ちなみに、評価システムの維持のための、proof-of-stakeに
似たマイニングの仕組みがあります。

また、各colonyには複数の人間が関わり、利益配分なども
発生するため紛争(Dispute)解決の仕組みも存在します。

組織(colony)ごとにカスタマイズ可能で、
バーチャルワールドから銀行、NGO、広告代理店まで
カスタマイズによって対応可能とのこと。

働き方の未来を変えうるこのプラットフォーム、近日中の
メインネットでのローンチが非常に楽しみです。働かないで
済む人などそうそういないのですから。

では、

士林翻訳サービス 林

2018年8月18日土曜日

翻訳方法論メモ(Aug. 18, 2018)

こんにちは。

士林翻訳サービスの林です。

今日はクリプトではなく、翻訳のほうに話の舵を切ってみます。

翻訳以外ほぼ他の仕事をしていない私は、書籍の実績もあるので(日経BP社「ブロックチェーンの衝撃」NEMの章)プロの翻訳家の端くれと自分を認識しています。これまで自分なりに、他の同業の方の仕事術も参考にしながら方法論を蓄積、確立してきました。関心を持つ人がそこまで多いとも思えませんが、後々自分が振り返れるよう、現時点でのメソッドを記しておこうと思います。

ぶっちゃけ、自分のためです(笑)。私は和英翻訳もやりますが、ここでは英和翻訳を前提とします。Here we go...



●「正→反→合」(と自分が勝手に呼んでいる):自分の頭で考えた翻訳とGoogle翻訳(あるいはBaidu翻訳)と比較して、両者の比較の中から品質の高い訳に到達する。

●Google翻訳で人名のカタカナを特定することができる。

●事実は忠実に訳出するが、表現は必ずしも忠実でなかったとしても読者の頭に入りやすいものを採用する。(お客の特別の指示があれば別)

●訳出した日本語の言い回しがどれくらい一般的か、Google検索で引用符で囲って検索する。全く引っかからない場合は基本採用しない。

●文の構成要素を並べ替えると程度の差はあれ、意味が変わる。意味が変わらなくても、Flowが変わる。

●原文を読んだ時に(部分的にでも)浮かんだ訳は脳から消え去る前にキーボードで打ち込んでおいて、後で利用する。

●長い文は部分に分けて訳出して最後につなげる。長い文は頭の中にそのまま入らないので。

●「私は」「あなたは」を一々忠実に訳出すると日本語としておかしいことがある。後から削る。

●定訳は外さない。

●原文のカンマの位置にとらわれず、意味が把握しやすいように、また曖昧さ回避を目的に読点をはさむ。

●辞書に載っていない表現は「〇〇 意味」でGoogle検索するとYahoo知恵袋やブログなどがヒットすることがある。

●文のタイプによってはGoogle翻訳にかけてそれを編集することで時間が短縮できる場合がある。

●ライター界隈でも言われているが、漢字で書けるからと言ってなんでも漢字にしない。漢字で書けても場合によってはひらがなにする。読みやすさを考慮する。

●さまざまな翻訳に対応できるよう、普段から広く浅く情報を取っておく。私の場合は基本興味の赴くまま。ただし、重点は仮想通貨、ブロックチェーン界隈に置く。

●当たり前だが、最後まで訳出したら、最初から見直して間違いや表現を修正する。

●読みやすさを重視する。原文の英語の構造に引っ張られない。訳出後のチェックの時に表現を日本語として受け入れやすいものに改める。

●「である調」「ですます調」の選択がおかしいとおかしな翻訳になる事が多々ある。

●翻訳開始前にいくつか検索をかけて、事実関係を把握して誤訳を防ぐ。

●時間的に余裕のある案件では、訳出して一通りチェックしたらいったん忘れてしまい、数日置いて再チェックする。訳出直後では見つけられなかった間違いが見つかることがある。




2018年8月3日金曜日

HashHubに入居しました


こんばんは。士林翻訳サービスの林です。

2018年8月2日オープンしたばかりの、本郷一丁目にオープンした
暗号通貨/ブロックチェーンのコワーキングスペース
HashHubに入居しました。

IndieSquare Walletや「ビットコイナー反省会」で有名なCEOの
東晃慈さんから対面でお誘い頂き、
入居企業などから暗号通貨/ブロックチェーン関連の翻訳の依頼
が見込めるということで入居いたしました。

朝10時オープンでしたが、やや寝坊して午後1時ごろ到着。



改装が終わったばかりで、とてもきれいなスペースです。

午後二時ぐらいからは、集まった報道関係者向けに説明も
行ってました。

その後、早速ですが、某クリプトメディアが翻訳者を探しているから
つないでもいいですか?というお話が運営の方からあり、
「もちろんいいですよ」と返事しました。

自分は固定デスクのプランなので24時間利用がOKになっており
現在夜11時55分ですが、夜7時から10時まで仮眠していたので、
今日はあえて家に帰らず、始発の時間まで
ここで翻訳などやっていようと思います。本当に24HR
利用可能なのはありがたい。そうそうないと思います。

引き続き、このサイト経由でも、
暗号通貨/ブロックチェーン関係のお仕事の
ご依頼お待ちしています。

士林翻訳サービス 林

2018年6月26日火曜日

招待制イベント「イスラエル・ブロックチェーン・イノベーション」に参加しました!

お世話になっております。

士林翻訳サービスの林です。

6月25日夜7時から、表参道でのとあるスペースで行われた
「イスラエル・ブロックチェーン・イノベーション」に
ミスビットコインこと藤本真衣さんの招待を受けて参加しました。




















無料のイベントですが、自分は最近何かと話題のBancor目当て
で参加。この頃翻訳していたEnigma関連の論文にも言及されてて
これは話を聞くいいチャンスと思ったので。

Bancorのパートは21:30-21:50とほんの一部ですが、
一応始めから終わりまで通して参加したので、
ここに雑感を残しておきます。

ちなみに主催はWeChainというこれもおそらくイスラエル系で、
WeChainを代表してRio Ogawaさんが来てました。

Rioさん(男性)は以前はロシアのICOBoxというところにいて、
その頃は彼を窓口として士林翻訳サービスにICOプレスリリース等
の仕事を依頼いただいていました。Rioさんはあれから
ICOBoxを退職されましたが、自分は今もICOBoxさんと取引が
あります。

Rioさんを司会として、招待を頂いたミスビットコインの
藤本真衣さんとイスラエルと日本を行き来している
ビットコインエバンジェリストの
宍戸健さんが挨拶をしました。







ミスビットコインの藤本真衣さんからは、
ブロックチェーン関係の翻訳の仕事を結構頂いています。開始前に、
てっきり結婚したものと思いおめでとうございますと言ったら、
結婚してませんよ(笑)とおっしゃってました。FBで子供の
ことを書いていたような気がしたけど、事実婚とか?
個人の事情には突っ込まないようにする。

その後イスラエルのブロックチェーンコンサル会社、
Blockchain ILの人が挨拶しました。
いかに有望なプロジェクトがここに来ているか
という所を強調していた記憶がある。

ダラダラと長くなっても読む人も僕も誰得なので、
最後のBancorまでの部分は箇条書きで済ませます。
自分はBancor以外は気になってなかったので。

Zeex

●No Fiat, No fees (仮想通貨で買い物、手数料はgasを除きなし)
● ギフトカード(AmazonやDMMのような)のZeekの子会社
● Zixトークンがある
●日本でも100社以上をサプライヤーとして確保、
 日本ローンチ1日目から使える予定
●ETHでスタバで米ドルを使わずにラテを買う動画。見事成功。

HUB




●軍事レベルのセキュリティを持つ
●ハードウェアウォレットの一種らしい
●ファクトリーリセットが可能
●電池で駆動する
●暗号化されたBluetoothでスマホとつなぐ
●カストディアン事業者向けにサーバも

逢坂教授(早稲田大学)

●ナノテクノロジー、IoT、そしてブロックチェーン
●ブロックチェーンは今後非常に重要になっていく。

Olem


●NPOである。非営利
●物流(ロジスティクス)におけるブロックチェーンの活用
●ロジスティクスは成長著しい産業
●ただし盗難、無駄、詐欺も多い
●無駄としては一回の輸送で300ページの書類を要する
●DHLやFedExからアドバイザーを迎えている
●Internet of Logisticsを目指す

Mobilechain



●誰でもブロックチェーンを使えるようにする。
 そのためにスマホをターゲットにした。
●2018年6月22日フォーブス誌で取り上げられる
●最初のパートナーは何とNBA
●SDKを提供
●STARTAPPを創業した人がMobilechainを
 創業したので、STARTAPPの180億回ダウンロード
 されたSDKを活用できる。


さて、9:30PMから、待ちに待ったBancor。

Bancor戦略開発部長のベニ・ハカク氏が登壇。スライドを
見せながら話をする。

まず、BancorのICOを一年以上前にやって3億5300万
米ドル相当を集めたと口火を切る。

そして哲学的な方面にかじを切り
「お金とは何か?」と聞き、自分で答えたー

「人々がコラボレーションするためのツール」

続けて、ヘブライ語で「お金」は「血」と
同じ単語だと指摘。

血と同じように循環していることが大事と
いうことのよう。

そしてマネーの進化について単純化された形で
次のように話した:

Money 1.0  金(ゴールド)
Money 2.0  印刷されたお金(紙幣)
Money 3.0 電子通貨 (ビットコインとそれ
      に続く暗号通貨)

で、ここで問題したいのはLiquidity、流動性であると。

BancorのチームはもともとApcoinなるプロジェクト
を行っていた。

これは中古品を買えるコインで、
ユーザーは順調に増えたが、
しばらく経つと使われなくなった。
Fiat(現金)とは違い中古品しか買えない
という不便を克服できなかったのだ。

そこでトークンを相手方(カウンターパーティー)
ではなくアルゴリズムに売るという考えを思いついた。
ここでは注文板(オーダーブック)
が存在しない。これはクリプト界のロングテールである
マイナートークンにも流動性を与える仕組みである。

このためのスマートコントラクトの作成に際して
イーサリアム創始者ビタリックのサポートもあったという。

実際ケニアではコミュニティコインが
日常的に利用されるようになったそうだ。
なぜケニアから始めたという理由は、
既にモバイル決済が広く採用されていたからだそう。

後は質疑応答を5分程やって終了した。特にFiat(法定通貨)
を置き換えようとはしていないというのがポイントか。

帰りは士林翻訳サービスを手伝ってくれている
あるIさん(女性)と軽く飲み、カラオケなどして帰りました。

というわけでこの辺で。

士林翻訳サービス 林








2018年6月12日火曜日

徐々に仕事に復帰しています。



こんにちは、士林翻訳サービスの主任翻訳者、林です。

最近メンタルヘルス上の理由で多摩の方に入院していて、先月2018年5月末に、
3ヶ月の療養を経て退院しました。

退院後思うところがあり、今、
東京都北区十条のシェアハウスに住んでいます。

やはり一人暮らしには、良い面もnot so greatな面もある。

ドミトリーなのでプライバシーは…ですがシェアハウスの良さを感じています。

あと特記すべきが、駅から1分の好ロケーション!

築年数は経っている物件みたいですが、ブラジル人やチリ人
の人たち(若い大学生ぐらいの人たち)もいて、インターナショナルなバックグラウンドを持つ私には居心地がよい。

取り急ぎ近況まで。仕事は徐々に復帰しています。

士林翻訳サービス 林


2018年5月31日木曜日

お詫び(Apologies to our customers)

お客様各位

お世話になっております。

2018年3月上旬から5月30日までの3ヶ月間、私、士林翻訳サービス主任翻訳者の
Shihpin Linはメンタルヘルス上の理由で入院しておりました。

その間いくつも、本サイトお申込みフォームや各サイトを通じて
翻訳の依頼を頂いていた模様で、本日やっとウェブを使える病院の外で
確認をいたしましたところです。

「サービス」を標榜する私共がタイムリーにデリバーできなかったこと
大変申し訳ありません。

順次、遅まきながら、本サイトのフォームからの複数ご依頼に
お返事していくつもりでございます。

今後とも士林翻訳サービスを宜しくお願いたします。

2018年2月19日月曜日

A Quick Notice to Our Customers

Dear our beloved customers,

Due to Chief Translator traveling back to Japan,
the work (two Whitepapers and a ICO article) which is supposedly delivered on Feb. 20 may experience some delay.

In case of emergencies, please contact our U.S. representative:

omarray778@yahoo.com (Also on FB)

ご理解のほど、感謝いたします。

Shihpin Lin
February 19, 2018



2018年1月31日水曜日

アシスタントを追加で募集します(在宅・リモート)

こんにちは。


今回「暗号通貨、ブロックチェーン、ICO関係の翻訳の道に進みたい

という、クリプト系の翻訳にチャレンジしたい方を追加募集します。



(参考:http://is.shihp.in/2017/08/blog-post_30.html

●言語ペア:英和・和英
●副業翻訳者歓迎・英語が得意で翻訳をやってみたい人も
●登録の可否を判断する際性別・人種・職歴・思想は考慮されません。

 ゆっくりな方歓迎で、無理のない分を割り振りします。

 各自好きにノマドして、希望者を会食に招待します(東京都内、参加は無償または大幅に割引になる予定)。

我こそはという方は:

 inquire@shihpinl.in まで形式自由の履歴書・職務経歴書・写真を送付して下さい (お支払いするワード単価はクラウドソーシング会社の標準レートに準ずる)

ご応募お待ちしています(応募期限:2018年2月末)。

士林翻訳サービス 主任翻訳者 林 士斌