2016年1月30日土曜日

Twitter株、ビットコイン

こんにちは/こんばんは。

士林翻訳サービス主任翻訳者の林です。

東京では、この週末(1月末)に雪が降ると予報されましたが、まだ降ってこず。

土曜日の昼下がり、各クラウドソーシング翻訳も上がってこないので、
某所でのんびりしています。

本日のお題ですが、最近主任翻訳者が買ってみた2つの金融資産の話をします。

まずTwitter株。

去年の後半、FXで一貫して利益を出しているという、
某ミートアップのメンバーに影響されて
帰ってすぐFXの口座を開設しました。正確には証券会社サイトの
FX取引の「開始」をクリックしました。

ただ、その話を友人にしたら、「FXは損するときも大きいぞ」といわれ、
自分も、「翻訳で結構な時間画面見てるから、これ以上さらに画面と
にらめっこしたくないな」
と思い、FXを止めて、入金した10万円で株を買ってみることに。

Twitterの株を買うことにしました。米国株です。

しかし、一株25ドルほどで買い付けたTwitter株は、これを書いている現在、一株16.80ドル。完全に損になっています。最近の金融市場の不振の煽りを食らった感じ。

頼むよ…Jack Dorseyさん…

まあ、すぐにキャッシュが必要というわけでもないので、いわゆる「塩漬け」
状態にして様子を見ようと思います。

あと、もう一つ。
私は前からビットコインを買っています。
こっちはなかなか具合が良くて、数回に分けて取引所zaifから
買ったのですが、こっちは含み益が出ています。一時期は50%ぐらいの含み益
になってました。

ただ、自分としては円やfiat(法定通貨)に変えるつもりはなく、
必要に応じて決済に使いながら、時期を見て買い足して
いくつもりです。

ちなみに自分のBitcoinウォレットはBread walletです。
Smart Contract Japanの佐藤さんもこのアプリを使ってました。
円やfiatに換えたかったら取引所に置いておく必要がありますが、
そのつもりがないので全額ウォレットに入れています。

ちなみに自分は自分自身を投資家と認識していません。下手な資産運用より
労働力を投入したほうがいいと思ってます。

というわけで、今日はこれで。

士林翻訳サービス 主任翻訳者 林

2016年1月11日月曜日

Google検索を使った翻訳の小技4連発!

こんにちは/こんばんは




士林翻訳サービス主任翻訳者の林です。治ったはずの風邪がぶり返しそうなので

総合感冒薬を飲みました。

今日は、最近仮想通貨やブロックチェーン技術の話題ばかりをこのサイトに

あげていたので、久しぶりに翻訳ネタの方へかじを切ってみたいと思います。

今日は、Google検索を使った小技をご紹介します。

もうこんなの知っているよ!という翻訳者、関係者の方もいらっしゃる
かも知れませんが、とりあえず私が重宝している小技ということでご笑覧
下さい。

1つめ。多分知っている人も多い「XXX 意味」でGoogle検索。私はまず
辞書サイトで単語を調べることが多いですが、辞書に載っていない言葉、
たとえば流行語の"BAE"(Before Anyone Else、一番大切な人(恋人)の意。
10代の若者がよく使う。Twitter等のソーシャルメディアでよく見かける
)なんかを、「BAE 意味」で検索すると訳出の参考にできる情報が出てきます。
XXXが複数の単語だと"..."(引用符)で囲ってあげるといいです。

2つめ。たとえば、マーケティング関連の翻訳で、"purchase funnel"を
とりあえず「購入ファネル」と訳して、この自分が考えた訳語で
Google検索すると、どうも検索結果から購買ファネル」の方が業界標準
であることが分かる。定訳を外すことを回避出来ました。

3つめ。土地や人名の一番一般的なカタカナ表記を見つけたい時、とりあえず
自分で思いつくカタカナを当てはめてその表記をグーグル検索に突っ込むと、
(おそらく)一般に流通しているカタカナ表記を特定出来るのでそれを採用
すると翻訳のクライアントも満足。

4つめ。画像検索も翻訳に使えます。たとえばidiomatic(イディオム的)な、
自分に馴染みのない表現を画像検索して感覚をつかむ。その後当てはまる
言葉を探していくと苦労も誤訳も少ないです

とりあえずこんな感じ。

翻訳者の皆さん、これらの小技はもう使っていましたか?自分はこんな技があるよ、
という方、コメントで教えて下さい。

では。Come back soon!

士林翻訳サービス 林

2016年1月4日月曜日

新年のスタート!士林翻訳サービス独自トークン(仮想通貨)あげちゃいますキャンペーン!!

こんにちは/こんばんは、

士林翻訳サービスの主任翻訳者の林です。



2016年、brand newな一年が到来!なんと私、二回も初詣しました。浅草観音(元旦)と東京大神宮(3日)へ。正月を世界で最も熱心に祝っているのは日本だそうですが、
心身も新たに、新たな一年に向かっていこうと思いました。



…ところでここからが本題、今回、このサイトを見ているmarvelousな皆さんへ、ちょっとしたお年玉のプレゼントがあります!

士林翻訳サービスが独自に発行したトークン(仮想通貨)を期間限定で希望者に無料プレゼント。通貨名はSHIHPIN、士林翻訳サービス主任翻訳者の英名がShihpin Linであることからこの名前です。

もらって何に使えるかって?10 SHIHPIN士林翻訳サービスへの翻訳依頼の見積額から100円OFFします(最低見積金額1000円相当以上)。

このブログエントリーのコメント欄に、

 1. 欲しいですという表明 (例: 送信お願いします。)
   2. 受け取りたいウォレットのアドレス(PCブラウザから
       https://wallet.counterwallet.ioに行ってウォレットを作成しアドレス取得、
  あるいはスマホでIndieSquare Walletのアプリを検索、インストールの上
  アドレスを取得。アドレスはランダムな文字列に見えますが必ず数字で
  始まります)
 3. ブログへの感想など何かコメント。嬉しいことを書いてくれた人には送信額上乗せするよ!


を書き込んで下されば、20〜100 SHIHPINをあなたに送信!

counterwalletのサイトでウォレットを作れば、ビットコインやその他の暗号通貨も保管できるから是非チャレンジしてみて!

(注意: このキャンペーンは予告なく終了する場合があります。完全無料で世にもレアな、士林翻訳サービスへの仕事依頼にも使える通貨SHIHPINをゲットするチャンス!お金の未来、ひいてはグローバル経済の未来を体験したいのなら今すぐこのブログエントリーにコメント!)