2016年8月24日水曜日

新イーサリアム系プロジェクト:The SingularDTV

(注意: 本記事はS-DTVの依頼を受けて執筆したものです)

こんにちは。士林翻訳サービスの林です。


士林翻訳サービスのFBページでもショーケースしますが、
直近の翻訳案件はブロックチェーン映画、テレビエンターテイメントスタジオ、TVODポータル、スマートコントラクトによる権利管理プラットフォームの各ブロジェクトに取り組んでいるS-DTV(The Singular DTV)のサマリーの翻訳でした。


イーサリアムブロックチェーンベースで、数週間中にSNGLSトークンを販売することによりETHで資金を集めるとのこと。


エンタメ業界における中抜きを廃し、CODE(集権的に組織された分散型主体
)なる革新的組織構造を持って、事業を展開していきます。


また、集まったETHはTVシリーズ「Singular」を制作するためにも使われます。これが資金調達の主要な目的のようです。


S-DTVには、イーサリアム界隈の知識がある人ならまず耳にしたことがありマイクロソフト社とも提携関係があるConsenSys社から、イーサリアム創業者の一人でもあるジョー・ルービンがCTO(最高技術責任者)として参加しています。また、S-DTVアドバイザーにもConsenSys社から数名が名を連ねています。


なお、TVシリーズ「The Singular」はあらすじを私主任翻訳者が翻訳した限りでは、
2035年にAI世界大戦で世界壊滅?とか、かなり面白そうです。


あと、「イーサリアム:ワールドコンピューター」なるドキュメンタリーも制作するとのこと。


トークンセールはこれからですし、S-DTVの経営陣にはエンタメ界のベテランが入ってますから、イーサリアムやブロックチェーン界隈の人でなくても、要チェックと思います。


SNGLSトークンにはフランチャイズボーナスなる配当が発生するので、
一種の株式投資的な感じでは。各クリプト系の主要取引所で売買できるようになる予定とのこと。


というわけで、ご興味ある方はこちらのS-DTVの日本語の概要をどうぞ。

士林翻訳サービス 林

0 件のコメント: