2016年8月28日日曜日

中国北京で翻訳してみた(下)ー報道では分からなかった中国ー

(上)はこちら)


イーサリアム系プロジェクトS-DTVの
翻訳(関連記事はここ)
約8000ワード抱えていたので、
観光や視察の合間を縫って
週明けの23日頃に仕上げて送信。


イモトのWIFIの空港でのピックアップを
忘れたのは書いたとおりですが、
中国のいわゆるGreat Firewall of China
(中国で「金盾」と呼ばれる)のアクセス制限が
きつくて、やっとの思いで仮想ネットワーク
を契約。そこからは楽になりました。


私の翻訳スタイルはGoogle検索を常用するので、
流石にGoogleが利用できないときつかった。


仮想ネットワークのおかげで音楽ストリーミング
サービスのSoundcloudも聞けました。


また、仮想ネットワークに繋がないと中国政府に
規制されてないサイトでも若干遅延することが
あって、仮想ネットワークを利用した途端、
クラウドソーシングのGengoさんの仕事を遅れず
取れるようになりました。数秒の差で他の登録翻訳者に
行ってしまうことが多々あるので。


仮に仮想ネットワークへのアクセスがない場合は、
translate.google.cn と www.yahoo.co.jp から
の検索(インターフェースが違っても、
中の人?はGoogleだそう)
で対応すればなんとかなるとは思います。


ちなみに仮想ネットワークもつなぐ公衆wifi
によっては、100%の規制されたサイトへの
アクセスを保証しないので、
あまり過信しないのが吉と思います。


ところで、私の士林翻訳サービスは暗号通貨、
ブロックチェーンを得意とするということで、
お金関係のことを
書きますが、ここ中国では何か物やサービスを
買っても、まず「有難う」の言葉を聞くこと
はありません。


お互いにほとんど物を言わず、お金と物品を
交換するだけ
と言う光景がたびたび見られました。


原則として、買う側と売る側、双方が対等という
考えなのかな?

中国でいうサービスは、払った金額に見合った
物品を提供するという意味であり、
日本が得意とする「ホスピタリティ」
「おもてなし」とは異なるようです。


また、物を買う時など、値段が交渉の結果で
決まることがありました。
「太贵了」(タイグイラ、「高すぎる」
)「能不能便宜一点」
(ヌンプヌンピェンイーイティエン 
「安く出来ませんか」)
をどこかで言わないと割高で掴まされるでしょう。


10日間の滞在の後半はちょこちょこ翻訳と
その他の仕事をやりながら、
友人のコンサート(じつはこの中国人の
ウェブ開発者を当てにして
北京に来ました。彼とはtidalcycles.org
のメーリングリストで知り合いました)
を水曜日観ました。アンビエント系の
サウンドが良かった。


周知してませんでしたが、滞在の最終日
金曜夜にこの中国人ウェブ開発者兼
ミュージシャンの友人と組んで
イベントにライブコーダーとして
出演しました。彼と組んでデュオとして
Tidalのライブコーディング
をやりました。

観客の受けもよく、終わった後中国人
の女の子に話しかけられました笑


ちなみに、同じairbnbに住むチャイニーズ
・アメリカンの
大学三年生(女子)もこの金曜のイベントに

来てくれました。感謝!

(追記:現在、無事日本に戻り、
本記事を書いています。
また北京に行くことがありそうな気がしてます)

0 件のコメント: