2016年7月15日金曜日

最近のビットコイン、プロックチェーン業界、注目トレンド

こんにちは

士林翻訳サービスの林です。

先ほど、IOTA(IoT向けブロックチェーン型システム)の論文の
翻訳を苦労の末仕上げてホッとしています。(こちら
公開されるようです。)


ちょっと時間があるので、サイトにたびたびお越しいただいている
皆様のため、ビットコイン、ブロックチェーン業界で
何が起こっているのか、海外メディア等参照しつつ、
最近の士林翻訳サービスの仕事と絡めて
お届けします。


1.Wirexが日本語化、作業ほぼ完了

長らく待たれていた、ビットコインでチャージしてMastercardとして
世界中で使えるデビットカード、Wirex (旧e-coin)の各文書等の翻訳。
やっと日本語化されます。

このUIやヘルプの和訳を、士林翻訳サービスがやらせていただきました。
(単独ではなく、他のビットコイン関係者の方も参加されています)

ちなみに士林翻訳サービスへの
代金はBTCで頂けることになっています。
Wirexはイギリスの会社の運営なので、
BTCで送金が合理的ですね。

ちなみにカード取得を検討している皆様に耳よりな話があり、
Wirexアプリインストールで「パーチャルカード一枚無料!」
だそうです(翻訳中に知りました)。

物理的なカードは手数料18ドルぐらいで発行出来ると思います。
自分も作って、ビットコインをチャージして、NYにいる間
カフェなどで利用しました。

もちろん日本でも、世界でも使えます。

Wirexの代表のTim Frostさんに私主任翻訳者を推薦くださった
ビットコインエバンジェリスト大石哲之さんにこの場を借りて
御礼申し上げます。

なおカードはこちらから申し込めます:

https://www.e-coin.io/?ref=c49369b316ca4534ae8949ff358f6357

まだ英語のままのようなので、先着2名の方だけに英語サポートを
可能な範囲でいたしますので、本記事のコメント欄でお申し出下さい。


2.カウンターパーティへEVMがポート、ビットコインブロックチェーン
でスマートコントラクト利用可能に

EVM=イーサリアム仮想マシン。


タイトル通りです。スマートコントラクトは
特にモノのインターネットで
各デバイスが自律的に動くため、そして自律分散型組織
(Decentralized Autonomous Organization)の基盤として
欠かせないものです。

ここのUI等も士林翻訳サービスが現在日本語化に取り組んでいます
(話を持ってきてくださった東さんにmany thanks)。
今回のスマートコントラクト導入にあたってはThe DAOへの攻撃の件を
受けてかなりセキュリティに気を使った導入になる模様 。

Rootstockなんかもビットコインブロックチェーンでスマートコントラクト
が可能ですが、選択肢が増えるのは良いことです。

(Rootstockの代表は、私も参加者だったCoindesk主催
Consensus 2016に登壇していました。無料レポートはこちら)



3. The DAOではない別のDAO、COLONYがピッチコンテストで優勝


DAO(自律分散型組織)は最近騒ぎになったThe DAOだけではなく、
BitNationやmakerDAO、そしてColonyもあります。          

いずれもイーサリアムブロックチェーン上に構築されています。
   
Colonyのチームは、
consensus2016ピッチコンテスト優勝、賞金を
かっさらいました。なんと審査員全会一致で

有望性、社会変革のポテンシャルは
衆目も一致する所です。


簡単にグローバルな営利組織を作れ、貢献によって
トークンで利益配分、
ピラミッド型構造とは無縁。世界中のノマドワーカー達が
このDAO経由で集結してコラボできる
と現状理解しています)。

自分もノマド系の翻訳者なので、彼らのビジョンには
ワクワクします。

ただ、ロードマップを公開して欲しい所です。


Colony Foundationなる非営利財団も設立されました。

創設者によるこの英文記事がColonyのエッセンスを
まとめており、
これを翻訳して広く日本向けに情報を供したいと
思っています。
もしも費用をカンパ頂ける方いらっしゃいましたら、
本記事へコメント、連絡先をお願いします。
ありがとうございます。

4.半減期パーティ、世界各地で


今年7月10日、4年に1度のビットコインの半減期が
あり、都内某所でそれを祝うパーティがあり、
私も招待いただきました。

10分に一個のペースでブロックチェーンに
追加されるブロックごとにマイニングパズル
に成功した採掘者に支払われるビットコイン
が、これを境に
25BTCから12.5BTCになりました。

悟コインの韓さん、日本に一時帰国中だった大石哲之さん、
BTCNのザキヤマさん、カレンシーポート社長
杉井さん(この前はブロックチェーンの通訳のお仕事
ありがとうございます)、Mastering Bitcoinの和訳を
された方、ジミー本間さん、IndieSquare Walletの東さん
etc etc。

特にビットコインのアーリーインベスターの
Roger Verさんとお話出来たのは、非常に収穫でした。

事業アドバイスまでいただき(士林翻訳サービスとは別で
法人を作っています)値千金の言葉を頂きました。

Thank you for your advice Mr. Roger Ver, if you
are reading this!

これだけ業界の著名な
皆さんに一度にお会いできて非常に有意義な会でした。
そして何より楽しかったです。

ちなみに深夜になると、
寿司職人の方が到着し、高級寿司をビットコイン
でいただくことが出来ました。美味しすぎて、
BTC使い過ぎました(笑)。

主催の藤本真衣さん、お疲れ様でした。

ちなみにニューヨークやパリでも半減期パーティが
開催されていたようです。

システムから発生する供給が減ることから
ビットコインの価格に長期的にプラスである
ことは疑いにくいので、祝うに足る
節目だったと思います。


…ちなみに、最近のthe DAOへの攻撃について書くべき
とも思うのですが、
ハードフォークへの投票等、現在進行中ですし、別の機会に。
(The Dao関連過去記事はこちら
また柴田さんのクリプトストリームのサイト
でもthe DAO関連の記事で翻訳協力しています)



長くなりました。お昼を食べに街に繰り出そうと思います。

では、

士林翻訳サービス 主任翻訳者 林

     

0 件のコメント: