2016年4月29日金曜日

某スピード翻訳をやめた理由

こんにちは、士林翻訳サービスの林です。


ニューヨークのTimes Squareのカフェから当ブログを

更新しています。



早速本題に入ります。士林翻訳サービスは結構な数の取引先を

確保していますが、こちらから取引を停止することも

まれにですが、あります。



一ヶ所は、●●●スピード翻訳さん。

単価は安いですけど仕事は多いので、トライアルにパスして

ここと取引していました。

依頼者の評判も良くて、星5つを日常的にもらっていました。

ただ、ある日、運営から連絡が来て、「今回やった翻訳で、お客様から

クレームが来てこちらでチェックした結果、確かに基準を満たさないので

ペナルティとして一ヶ月受注資格を停止します」。



ここでやった翻訳は少なく見積もって100件を超えています。

この案件は申し送りのコメント無しで、本文以外のコンテキストは

ゼロでした。コメント欄でやり取りすると言っても、低単価かつ

ウルトラ短納期。


同じく(プロレベル翻訳者として)登録してるGengoなら、

revision requestをかけてもらって、修正して再提出すれば

済む話です。


こちらも人間です。100個やったら1個ぐらいはまずいのが

出てきます。



また、今回のペナルティに際し、G●●スピード翻訳さんの

言っているのは、「刑期明け」の際、通知はしない。さらには

ペナルティ中のジョブアラートメールの停止もない。




素人に毛が生えたようなレベルの人は大勢いても、「プロに相応しい

一定以上の水準を満たせる」翻訳者の数はそんなに多くありません。

専業で食えるようになるには長い時間がかかっています。

「取り替え可能な部品」扱いしてもらっても……ならよそに

行くだけです。



Gengoさんははるかに良いです。unreasonableなお客さんの

クレームがあった時、ちゃんと(一度ならず何度も)翻訳者を

守ってくれたので、スタンダードレベルのワード3セントの仕事でも

空いた時間に積極的にやっています

(ラブレターの翻訳とかめっちゃ楽しいです)。



翻訳者を大切にしない所は衰退していくし、当然会社の業績も、

大きく差が開くと思います。実際、Gengoの週あたりの案件数は、

僕のやってるEnglish-to-Japaneseのペアでも増加傾向が

続いています。某スピード翻訳さんと、差がつく一方です。




翻訳者の皆様も、自分の取引先リストを見て、一番自分に対する

扱いが悪いところを思い切って「取引停止」してみると

いいかも知れません。僕の場合、某スピード翻訳さんを切った後、

逆に売上は増えています。




では、この辺で。

士林翻訳サービス 林


1 件のコメント:

鎌田。 さんのコメント...

客先の求める品質と、具体的なクレーム内容を確認して貰えなかったら、腹は立つでしょうね。営業のミスを押し付けられた可能性は高いですよ。鎌田。