2015年12月27日日曜日

MITの分散コンピューティングプラットフォームEnigma論文を拾い読み

こんにちは/こんばんは、


寒いですね、東京は。

相変わらず暗号通貨やブロックチェーンの情報を追跡、分析している
士林翻訳サービス主任翻訳者の林です。

ついさっき、MITの「プライバシーを保証する」ブロックチェーンを
活用した分散コンピューティングプラットフォームEnigmaに関する情報の
リリースがあったようです。

こちら(英文)↓

http://enigma.media.mit.edu/enigma_full.pdf

早速英文の論文を拾い読みしてみました。



箇条書きにします。


-Secure multi-party computation (sMPC) powered by blockchain (ブロックチェーンで駆動するセキュアなマルチパーティコンピュテーションである)

-A decentralized cloud platform with guaranteed privacy (プライバシーを保障する分散型クラウドプラットフォームである)

-The future of data analysis (データ解析の未来である(注:という彼らの主張))

-他の各ブロックチェーンに比べコンピュテーションとストレージのredundancy(冗長性)が少ない。

-privacy-enforcing computation model(プライバシーを強制するコンピュテーションモデル)を持つ

-SPDZというプロトコルを使用。悪意ある者に対しセキュアで、マルチパーティコンピュテーションに正確性をもたらす。

-End-to-end decentralized apps are developed using private contracts (プライベートなコントラクトを用いてエンドツーエンドの分散型アプリが開発できる)

-on-chain execution(オンチェーン実行)とoff-chain execution(オフチェーン実行)がある



とりあえず速報的にまとめてみました。間違ってたらコメントで指摘下さい。

では、

士林翻訳サービス 林

1 件のコメント:

林 士斌(Shihpin Lin) さんのコメント...

主任翻訳者です。

論文(Whitepaper)はこのエントリよりもう少し前からもう発表されていたことを先ほど確認。

このエントリは、「ベータ版試用の申込登録を受け付け始めた」ということを伝えるべきものでした。

論文がリリースされたばかりという誤認のは主任翻訳者の浅学から来るものです。

失礼しました。