2015年1月15日木曜日

結局は愛もお金次第?



こんばんは、士林翻訳サービス主任翻訳者の林です。

寒いですが、お元気でお過ごしですか?



今日の午後は千葉駅近くの朝日カルチャーセンターで

「小説の書き方」という講座を受けました。

講師の方が何十冊も本を出しているベテランの小説家の方で、

自分の短編作品を添削してもらいました。

「なるほど」と思った指摘が数々あった一方、

どうにも採り入れられそうにない指摘もありました。

隔週の講座で、今回お試しだったのですが、

(と言っても2700円払いました)

多分戻らないと思います。



その後、電車で、市川市の自宅まで戻ってきたのですが、

かなりの疲労を感じて、3時間ほど横に。

その後、誰かと話したくなって、Iさんに電話しました。

この人は生保になったりとか、ある意味ダメダメなんですが、

面白い人です。年は僕より上です。



ベッドで横になって彼と電話で話していて、結婚の話になりました。

僕「もう自分アラフォーなんだけど、やっぱ機会があったら結婚したいかなあ」

Iさん「金があればどうにでもなるよ」

僕「確かに...うちの弟某出版社の編集者で年収1000万?とかもらってて…今年結婚するって」

Iさん「そうそう」

僕「やはりお金なのか…」



どうなんでしょうね?愛がないから夫と離婚とかいう話を

聞くけれど、その際にも慰謝料はきちっともらうとか…



昔騙されてmatch.comに登録した時に知り合った女性が

「夫が借金作ったから別れた」と言っていました。

「一緒に返そう」じゃなくて「別れる」なんですね…

まあギャンブルの借金だったのかもしれないし、この女性を一方的に

責めるわけにも行かないとは思いますが。


うーん。まとまりません。

What would you do for money? (お金のためだったら何が出来ますか?)



ではこの辺で。


士林翻訳サービス 主任翻訳者 林

0 件のコメント: