2014年12月22日月曜日

下ネタですか?

どうも、しばらくぶりです。


士林翻訳サービス主任翻訳者林でございます。 


ひょっとすると、私主任翻訳者のプライベートがちょいと気になるな、 という方もいるかもしれないので、 ちょろっと書いてみます。


家は江戸川にほど近いシェアハウス。といっても、個室です。


シェアハウスの個室というのは珍しいかもしれません。 自分の部屋でラジオやSoundCloudのストリーミング、大千電台(台湾台中のラジオ局、ネット経由) を聞きつつ翻訳しています。


外に出て翻訳することもあります。家の付近にあるドトールにPCを持ち込んで小二時間粘ったり。
あとは最近はリージャスというレンタルオフィスの会社があるのですが、そこのビジネスラウンジが使える「 ゴールドパス」というのをゲットしました。東京に10数カ所ある拠点が全て利用できて月々3000円ほどなのです。

ただし利用できるのは平日のみで、18時までしか利用できない。 後一番近いのが茅場町なので、多少の交通費を見ておく必要があります。 会社員ではないので、交通費ももちろん出て行きます。



 さて、シェアハウスというからには他の住人は?という声が聞こえます。


 ちょっと前まで四人いました:アラサーのカナダ人英語講師(白人、男)、ネパール人27歳男、あとベトナム人女子(26ぐらい)、そして僕。 

カナダ人英語講師とネパール人の男はいなくなりました。カナダ人は帰国、ネパール人は関西に新天地を求めて。



 というわけで今残っているのは僕とベトナム人女子。ちなみにこのベトナム人女子は結構可愛いのですが、幼いというか少しだらしないところもあります。 

週五で●●●アンド●チベーションとかいう会社に勤めてますが、週末洗濯機を回した後、洗濯物を半日平気で放置します。 おかげで、こっちは彼女がどんなブラをしていて、どんな●ンティをつけているか丸わかり(笑)


…だって、こっちも洗濯機使うし。


だから自分が洗濯機を回すときは入っている彼女の洗濯物を外に出すのですが…



最初は彼女も自分の下着が見られることに羞恥心を感じたようでが、羞恥心と言うのは麻痺するもののようで、最近は あまり気にならなくなったようです。


ちなみに下着の色は…(以下自主規制)


 …とりあえず今回は以上です。


 士林翻訳サービス 主任翻訳者 林

0 件のコメント: