2008年2月12日火曜日

ロバートキヨサキのコラムの続き

このコラムには個人的に興味があるので、前回省略したところを翻訳します。


----------------------------

元のドキュメント

..........
I went on to explain that I was investing millions in stocks that were paying a high dividend -- cash flow -- and also had their prices battered down by the market crash, a loss of capital gains.
私は続けて、高配当(高キャッシュフロー)の株に数百万ドルを投資していることや、マーケットのクラッシュによって株価が暴落して、キャピタルゲインが失われていることを説明した。
Spelling It Out
分かってない人に詳しく
He wasn't the brightest reporter, since he had trouble with the idea of investing for both cash flow and capital gains. After about an hour of explanation, he finally began to understand that I'm not just a real estate investor -- I'm someone who invests for capital gains at a great price, or cash flow at a great price, regardless of the asset class. If the deal is right, it doesn't matter if it's in real estate, commodities, a business, or paper assets.
彼はレポーターとしては賢くなかった。キャピタルゲインとキャッシュフローの両方で投資すると言う考えが理解できていなかったからだ。一時間も説明した後、彼はやっと、私がただの不動産投資家ではない-私は資産の種類に関係なく良い値でキャピタルゲインやキャッシュフローを得ることを目的に投資をする人間だ-と言うことを理解し始めた。取引が効果的なら、不動産でも、商品でも、ビジネスでも、紙の資産でもかまわない。
Here's an example of capital gains for a great price: Back in the 1990s, every time I had some extra cash I would buy some gold or silver. Although I didn't receive any cash flow from gold or silver I knew I was purchasing the metals at a great price, and that someday those prices would rise again.
良い値でのキャピタルゲインの例を挙げてみよう。90年代の頃は、少しでもあまりの金があると、金や銀を買っていた。金や銀からはキャッシュフローを受け取っていなかったけれど、私には、金属を良い値で買っていることは分かっていた。そして、いつか価格が上がっていくであろうことも。
An example of buying for cash flow at a great price is when I buy a stock that pays a dividend. I wait until the stock market dips and then buy, which is what I'm currently doing. One of the better companies I've been buying is a bulk cargo shipping company that's hauling U.S. grains to India. The more the dollar drops in value, the more grains we export. Every time the market drops, I buy more of this stock at a great price, because I love the cash flow from dividends.
良い値でのキャッシュフローを目的とした売買の例は、配当をもたらす株だ。株が大きく下げたら買う、これが私のやっていることだ。買った株の中には、バラ済み貨物の運送の会社がある-アメリカの小麦をインドに運んでいるやつだ。ドルが下がれば下がるほど、より多くの小麦を我々は輸出する。マーケットが大きく下げるたびに、この会社の株を良い値で買っている、配当からのキャッシュフローが大好きだからだ。
Finally, an example of buying both capital gains and cash flow at a great price is when I find an apartment building at a bargain, and then increase the rents. By doing so, I increase the cash flow and the property value, which translates into capital gains.
最後にキャピタルゲインとキャッシュフローの両方の目的でよい値で買う場合の例は、安売りしているアパートメントを買う場合で、買ったあと私は家賃を上げる。そうすれば、キャッシュフローも増えるし、土地の価値も増え、結果、キャピタルゲインにつながる。
Leave It to the Pros
プロに任せておけ

When I watch professional football, I love listening to John Madden because I know he knows what he's talking about. He's been both down in the trenches and in front of the bench as a coach. He knows the game. By that token, one financial reporter I respect is Bloomberg's Kathleen Hayes. She's a savvy reporter who knows what she's talking about. I wonder about some of the other financial reporters.
NFL(プロのアメフト)をみるときはJohn Maddenのトークを聞くのが大好きだ、なぜなら彼は自分が何を言っているか分かっている。彼はプレイヤーとして第一線で戦ったことあるし、コーチとしてベンチの前にいたこともある。彼はこのゲームを理解している。同様に、私の尊敬するファイナンシャルリポーターはブルームバーグのKathleen Hayesだ。彼女は経験豊富なレポーターで、自分が何を言っているか分かっている。ほかのファイナンスレポーターはどうなのだろうか。
The problem with much of the financial news in print and on the web, radio, and television is that it comes from journalists who may not be investors. When I listen to most journalists whine and cry about the subprime mess, the slowdown in the economy, and the volatile stock market, I can all but tell that they're not really investors. None of these events really has much impact on professional investors, who follow market trends and are familiar with the underlying fundamentals of the assets they investing in.
紙媒体かウェブがテレビを問わず、ファイナンシャルニュースの抱えている問題は、情報が、非投資家または投資家とは限らない人から発信されていることだ。ほとんどのジャーナリストがサブプライム危機や、経済のスローダウンや、変動しやすい株式市場について悲観的に見ており、それによって、彼らが本当の意味での投資家ではないのが分かる。一連の流れはマーケットのトレンドを追い、投資している資産のファンダメンタルズを熟知しているプロの投資家にはほとんど影響を与えていない。
So the next time you hear a reporter ask, "Is this the time to be getting into stocks, bonds, real estate, gold, silver, or oil?" remember that it's probably the time to be looking elsewhere. And keep in mind the Rothschild formula of investing. You never want to be too early -- and you also never want to be too late.
と言うわけで、次にレポーターが「株、社債、不動産、金、銀、またはオイルを注目するべきですかね?」
と聞いたら、それはほかの投資対象に目を向けるべきだと言うことを覚えておこう。そして、ロスチャイルドの投資の公式を覚えておこう。あまり早くても駄目だし、遅すぎても駄目だと言うことだ。

(コラム終わり)


0 件のコメント: